l

日本建築学会 中国支部

日本建築学会 中国支部

AIJ, Chugoku Branch

広島平和記念資料館

| HOME |

お知らせ

 2015年度日本建築学会支部共通事業
「建築工事標準仕様書・同解説JASS5鉄筋コンクリート工事」改定講習会


主 催:日本建築学会
 2009年に建築工事標準仕様書JASS5鉄筋コンクリート工事を大幅に改定して6年が経過しました。この間、建築を取り巻く社会・経済情勢の変化や技術の進歩が起こるとともに、関連するJISや指針なども改正・改定されました。また、近年では例のない大規模災害を経験し、鉄筋コンクリート造建築物の安全性や健全性は、一般の方たちの間でも議論されるようになりました。JASS5は、標準仕様書という形をとっていますが、社会的には法令を補完するものとして扱われております。今回改定したJASS5は、2009年に改定されたJASS5を利用されている方へのアンケート調査の結果に基づき、2009年以降に改正・改定されたJISや指針などの内容などを反映させるとともに、より実務との整合を図ったものとしております。

参加費
日本建築学会会員  16,000円
後援団体会員   18,000円
(後援団体は申込書にてご確認をお願いします)
会員外  21,000円

広島会場情報:
日 時:2015年8月7日(金)9:50~16:30
会 場:広島県情報プラザ 地下多目的ホール (広島市中区千田町3-7-47)
申込先:
日本建築学会中国支部
〒730-0052 広島市中区千田町3-7-47
広島県情報プラザ5階
TEL 082-243-6605


LinkIcon詳細・講習会参加申込書

 中国支部計画系4委員会の合同委員会と講演会

 時下、皆様にはますますご清祥のこととお慶び申し上げます。さて、この度下記のとおり恒例の計画系4委員会の合同委員会と講演会(スライド・マラソン)を企画致しました。ご多忙のことと存じますが、ご出席下さいますようご案内いたします。

主 催:中国支部建築計画/都市計画/農村計画/歴史意匠委員会
日 時:2015 年8月8日(土)13:30~17:00
場 所:広島工業大学広島校舎 4階402号室
     (〒730-0811 広島市中区中島町5-7 ℡:082‐249‐1251)
内容
 ・各委員会別協議:13:30~14:15
  ① 平成27年度の事業と実施状況  ②その他

 ・計画系4委員会の合同委員会:14:20~14:50
  ① 委員会別協議の報告 ② 報告内容についての協議 ③ その他 

 ・講演会(研究者紹介、スライド・マラソン):15:00~17:00 (講師・演題は調整中)
  ①「市民参加による魅力ある景観の再発見」 
    呉工業高等専門学校建築学科 篠部 裕 教授
  ②「鉄道駅を中心としたエリアマネジメントの役割と手法に関する研究」
    山口大学大学院理工学研究科 建築デザイン工学分野 宋 俊煥 助教

お問い合わせ・出欠回答先
・広島大学産学・地域連携センター地域連携部門 塚本俊明
  E-mail:ttsuka@hiroshima-u.ac.jp
  Fax:082-424-6057
・準備の都合がありますので、7月31日(金)17:00までにご回答下さい。
・出欠回答書に必要事項を記入のうえ、E-mail(またはFAX)でご回答ください。

【備考】日本建築学会会員の方は、当日、会員証をご持参下さい。


LinkIcon詳細および出欠回答書PDF

 第12回「日本建築学会中国支部建築文化賞」候補募集要項

主 催
日本建築学会中国支部
後 援
日本建築家協会中国支部、日本建築構造技術者協会中国支部、
空気調和・衛生工学会中国・四国支部、 建築士事務所協会(中国各県)、
建築士会(中国各県)


表彰目的   日本建築学会中国支部建築文化賞(以下「中国建築文化賞」という)は、中国地方の建築文化の発展に顕著な貢献が認められる活動に対して表彰し、広く地域文化の発展と建築文化に対する意識の高揚を図ることを目的とする。

表彰対象  表彰は、中国地方の建築文化の発展に顕著な貢献が認められる「建築作品」や「人物・団体」を対象とする。ただし、建築作品部門の(1)~(5)については中国地方で創作されたもののうち完成後3年以上かつ8年未満の作品を対象とする。

「建築作品部門」
(1)意匠:周囲の景観に調和し、意匠性,独創性に優れている建築作品
(2)住宅:地域の特性を活かし、意匠性、独創性、居住性に優れている住宅
(3)構造:斬新で独創的な空間を創出するなど、技術的、構造的に優れている建築作品
(4)環境:環境への負荷の低減、自然との共生など地域環境の保全に優れている建築作品
(5)施工:特殊な工法を用いるなど、施工技術の向上に貢献し優れている建築作品

「人物・団体部門」
個人や地域の活動・貢献などにより、中国地方の建築文化の発展に貢献したと認められる活動や業績

応募手続
(1)応募資料の請求
①応募資料請求期間:平成27年8月3日(月)から9月11日(金)
②応募資料の請求は、「応募用紙請求書」に応募者氏名(自薦他薦問わず)、推薦者氏名(他薦の場合のみ)を記入ください。また自薦の場合は応募者本人の連絡先(住所・TEL・FAX・e-mailアドレス)を、他薦の場合は推薦者の連絡先を記入し、応募部門等を記入した上で、下記、当支部あてにお送りください。折り返し、詳しい応募要領をメールまたはFAXでお送り致します。すべて自薦による応募としますが、「人物・団体部門」については他薦による応募も可能です。

(2)提出期限:平成27年9月24日(木)午後5時まで必着のこと

問合せ・資料請求・提出先 一般社団法人 日本建築学会中国支部
〒730-0052 広島市中区千田町3-7-47広島県情報プラザ5F 
TEL:082-243-6605 FAX:082-244-3840 e-mail:aij-chugoku@sirius.ocn.ne.jp

応募資格、選考、提出物などについては詳細書類をご確認ください

LinkIcon詳細並びに応募書類

 第9回鋼構造セミナー「鉄骨工事の管理ポイント-工事現場溶接をメインとして-」

 鉄骨工事における品質確保の重要性は,十分に認識されているところであるが,日常的に行っている作業,当然と思って行っている作業の中にも,管理のポイントが明確になっていないものが見受けられる.当セミナーでは,鉄骨工事の管理ポイントの内、工事現場溶接,鋼材のトレーサビリティー,構造用アンカーボルト等について概説する.特に,工事現場溶接開先部の保護に用いるさび止め塗装の特性,使用方法,使用上の注意点等について説明を行う.
本セミナーは, より合理的な鋼構造設計や鋼構造建築物の施工に繋げるために企画されたものである.是非とも,構造設計者,鋼構造製作技術者,および大学生・院生の積極的な参加を期待する.

主 催:日本建築学会中国支部,日本鉄鋼連盟
共 催:日本建築構造技術者協会中国支部,協同組合広島県鉄構工業会
日 時:2015年9月26日(土)14:00~16:30
会 場:広島工業大学広島校舎
     (〒730-0811 広島市中区中島町5-7 ℡:082‐249‐1251)
講師
護雅典(㈱竹中工務店 東京本店 技術部)
落合哲也(㈱タイホーコーザイ 研究開発センター 研究第1課)

定 員:80名
参加費:本会・共催団体会員 1500円,会員外 3000円,学生 無料

問合せ
広島工業大学 建築工学科 清水斉
E-mail:h.shimizu.tn@it-hiroshima.ac.jp


LinkIconPDF