l

日本建築学会 中国支部

日本建築学会 中国支部

AIJ, Chugoku Branch

広島平和記念資料館

| HOME |



平成30年度「中国支部研究発表会」および「同時開催事業」

中国支部研究発表会

日時:2019年3月3日(日)9:30-17:00(予定)
会場:山口大学工学部(常盤キャンパス・宇部市常盤台2-16-1)
参加費:会員以外の一般参加者(学部生,大学院生を除く)は,参加費1,000円を当日会場受付でお支払い下さい。
論文・技術報告の応募について:
・講演者は原稿提出までに会員資格を必ず取得して下さい。会員資格がなければ応募できません(未入会の方は12月上旬には手続を開始し12月20日までに完了しておくことが必要です)。
・原稿提出期間 :2019年1月4日(金)~16日(水)正午(厳守)
・発表登録費払込締切:2019年1月16日(水)


LinkIcon詳細・問合せ

LinkIcon講演申込サイト(準備中)

シンポジウム:近代化産業遺産と地域づくり -明治維新150年を迎えた山口県の歴史的建築資産

基調講演1:島津公保(㈱島津興業 取締役相談役)
基調講演2:原田正彦(NPO法人まちのよそおいネットワーク理事長/日本建築学会中国支部山口支所長)
パネルディスカッション:島津公保(前掲)、原田正彦(前掲)、鵤心治(山口大学教授)、岡松道雄(山口大学教授)
日時:2019年3月2日(土)13:00~16:00
場所:国際ホテル宇部3Fダイヤモンドホール
〒755-0047 宇部市島1丁目7-1 国際ホテル宇部URL:http://kokusaihotel-ube.co.jp/
参加費:無料

LinkIcon詳細・問合せ

懇親会

日時: 3月2日(土)17:30〜(受付17:00~)
場所:国際ホテル宇部 宴会場(宇部市島1-7-1)
参加費:一般 5,000円 学生:2,000円
問合せ・申込み先:小林剛士(山口大学大学院 創成科学研究科)
Tel: 0836-85-9729, E-mail:taki210@yamaguchi-u.ac.jp



お知らせ

<情報提供> 浸水被害を受けた竹小舞下地土壁の扱いについて ー土壁が水に浸かっても、その壁土を再利用・修理して元の住まいに住み続けることができますー




LinkIconPDF

中国支部計画系4委員会の合同委員会と講演会等の開催について



この度下記のとおり恒例の計画系4委員会の合同委員会と講演会(スライド・マラソン)を企画致しました。ご多忙のことと存じますが、ご出席下さいますようご案内いたします。


1.日 時: 平成30年12月22日 (土) 13:30 〜 17:00

2.場 所:広島県情報プラザ 視聴覚研修室
広島市中区千田町3丁目 7-47         082-240-7700

3.各委員会別協議:13:30~14:15
  ① 平成30年度の事業と実施状況  ②その他

4.計画系4委員会の合同委員会:14:20~14:50
  ① 委員会別協議の報告 ② 報告内容についての協議 ③ その他 

5.講演会(研究者紹介、スライド・マラソン):15:00~17:00
  ①講演題目: 地方都市の街路空間について
講演者 :井上亮(島根大学建築デザイン学科 助教)
  ②講演題目:米子城の復元的研究
講演者 :金澤雄記(米子高専建築学科准教授)
  ③講演題目:女性技術者育成の取り組みについて
    講演者 :女性会員の会 福田由美子(広島工業大学) 佐々木伸子(福山大学)
【注】講演会(スライド・マラソン)は委員以外の参加も自由ですのでお誘い下さい。

6.お問い合わせ・出欠回答先
・岡辺重雄 福山市立大学都市経営学部
電話;084-999-1132(直通)E-mail ; s-okabe@fcu.ac.jp

・準備の都合がありますので、12月15日(土)17:00までにご連絡下さい。
・詳細に記載の出欠回答書の文面または内容をE-mailでご回答ください。



LinkIcon詳細・出欠回答書

第15回 日本建築学会中国支部「構造賞」候補募集


<主催>日本建築学会中国支部
<後援>日本建築構造技術者協会中国支部
日本建築学会中国支部では、平成16年度から日本建築学会中国支部「構造賞」を創設しています。関係各位からの積極的な応募を期待しております。

1.表彰目的
当該年度毎に日本建築学会中国支部が、建築構造に関して特に優秀な業績(研究を含む)を挙げた若手会員(原則として、中国支部会員)及び優秀な卒業・修了研究を行った学生を表彰する。

2.表彰
以下の各賞について表彰し、賞状と副賞を贈る。
①卒業研究賞(応募する各大学及び高専で1名ずつ)
②修士論文賞(応募する各大学で1名ずつ)
③研究・業績賞(研究及び業績に1名ずつ)
なお、①および②の表彰は、受賞者の属する大学・高専の卒業式等で行い、③の表彰は当該年度の支部研究発表会前日の懇親会で行う。

3.表彰対象
①卒業研究賞:中国支部に属する大学および高専より推薦されたもの
②修士論文賞:中国支部に属する大学より推薦されたもの
③研究・業績賞:中国支部に属する会員又は法人・賛助会員より他薦・自薦されたもの

4.選考
提出資料に基づき、選考委員会(日本建築学会中国支部構造委員会委員長,幹事,構造委員会委員2名および建築構造技術者協会中国支部長で構成)で選考する。

5.応募手続
(1)推薦理由書の書式請求
各賞推薦理由書の書式は、以下のリンクからダウンロードして下さい。
(2)提出期限
①卒業研究賞及び②修士論文賞:平成31年3月1日(金)17:00必着のこと
③研究・業績賞:平成30年12月14日(金)17:00必着のこと
(3)提出先
日本建築学会中国支部事務局
〒730-0052広島市中区千田町3-7-47広島県情報プラザ5F
(4)提出物
①卒業研究賞又は②修士論文賞においては,卒業論文又は修士論文に関する推薦理由書
③研究・業績賞においては,博士論文,発表論文又は業績を証明する資料の他,推薦する会員又は法人・賛助会員の推薦理由書



LinkIconPDF

LinkIcon研究・業績賞

LinkIcon卒業研究賞・修士論文賞