l

日本建築学会 中国支部

日本建築学会 中国支部

AIJ, Chugoku Branch

広島平和記念資料館

| HOME |

お知らせ

 建築文化週間2016 中国支部
 見学会 ひろしまたてものがたりを巡る 建築バスツアー

「ひろしまたてものがたり」は,広島県が実施している県内の魅力ある建築物を発掘・発信する県民参加型プロジェクトです。モダンで美しい高層ビルから,情緒あふれるレトロ建築,貴重な国宝,世界遺産まで魅力ある建築,100セレクションが選定されています。
こうした魅力ある建築物を再認識していただくには,実際に訪れてもらうことが大切であり,訪れていただくきっかけづくりとしつつ,また,学生や一般の方々にも魅力ある建物への理解を深めていただけるよう,ひろしまたてものがたりの100セレクション建物を中心に,県東部(尾道・福山)の魅力ある建築物を見学するバスツアーを実施します。

見学建物:みはらし亭,旧マルヤマ商店事務所,神勝寺秀路軒,阿伏兎観音堂,太田家住宅

主 催:一般社団法人日本建築学会中国支部
共 催:広島県
解説者:高田 真氏(アーキウォーク広島 代表)
日 時:平成28年10月29日(土)8:30~18:30(予定)
定 員:40名
対象者:高校生以上
参加費(昼食代):1,000円(参加申込時に事前振込)
問合先:広島県土木建築局営繕課 営繕企画グループ
   TEL:082-513-2311
   E-mail:dokenchiku@pref.hiroshima.lg.jp

申込先:一般社団法人日本建築学会中国支部

LinkIcon案内・申込書

山口県旧県庁舎・旧県会議事堂創建 100周年記念事業
記念講演会 「近代建築の再生と活用」

内容
大正5(1916)年に建設された山口県旧県庁舎・旧県会議事堂。その創建100 周年記念事業の第二弾。今回は、近代建築の持つ歴史的、文化的価値を探り、更にそれらを踏まえた現代における再生と活用の方法について考えます。 その具体的な事例として、山口県旧県庁舎及び旧県会議事堂の設計者の一人である武田五一が、同時期に設計した求道会館・求道学舎の保存とリノベーションの事例を取り上げます。築90 年近く経過し、荒れ果てていた二つの建物がいかに再生を果たしたのか…。 多くの県民そして建築関係の方々が、この講演会に参加され、県内にも数多く残されている近代建築の活用方法について考える契機となることを心から期待しています。
記念講演:
求道会館・求道学舎の保存とリノベーション
近角真一氏((㈱集工舎建築都市デザイン研究所所長)
求道会館・求道学舎保存再生事業』で2008 年日本建築学会賞(業績)受賞

主 催:(一社)日本建築学会中国支部山口支所
共 催:山口県 山口県議会 NPO 法人まちのよそおいネットワーク 山口近代建築研究会
     (一社)山口県建築士会 [CPD 対象事業/2 単位]
後 援:(一社)山口県建築士事務所協会 (公社)日本建築家協会中国支部山口地域会
日 時:平成28 年10 月1 日(土)10:00~12:00
場 所:山口県旧県会議事堂議場
入場料:無料

連絡先:〒754-0002 山口市小郡下郷507-8 山口近代建築研究会
TEL:083-973-1599/080-3883-5413 (原田)

LinkIconPDF

第14回鋼構造実験見学会「端部偏平加工を有する円形鋼管の偏心座屈試験」


 端部を偏平加工した円形鋼管を用いて立体トラスを組み立てる際に,コストと施工性を考慮して,曲げた接合プレートに鋼管端部偏平部を1面せん断で高力ボルト接合する構法が提案されている。
 この構法では,鋼管に対して偏心軸力が作用するため,その座屈耐力を把握する必要がある。そこで本試験では,偏心の有無による鋼管の座屈耐力を確認することを目的とした圧縮試験を実施する。使用する鋼管はP-48.6×3.2及びP-60.5×3.2(STK400)とする。


主 催:日本建築学会中国支部
共 催:日本建築構造技術者協会,協同組合広島県鉄構工業会
会 場:岡山理科大学構造実験室(岡山市北区理大町1-1)
講 師:中西啓二(岡山理科大学)
日 時:10月22日(土) 13:00~16:00
定員・会費:50名・無料
対 象:本会・協賛団体会員,建築技術者,大学院生,大学生
問合せ・申込先:岡山理科大学 建築学科 中西啓二 nakanishi@archi.ous.ac.jp


LinkIconPDF

第46回熱シンポジウム
『新しい時代の熱環境デザイン~測定とシミュレーションによる設計・評価~』


異常気象や世界規模で拡大する気候変動、東日本大震災以降のエネルギー転換、省エネルギー基準の適合義務化など、建築・都市の熱環境を取り巻く環境は変化してきている。4 年後の2020 年、56 年ぶりに東京で開催されるオリンピックを前に、新しい時代の熱環境の在り方について、設計法、測定法、評価法の側面から伝熱小委員会及び熱環境シミュレーション小委員会の取り組みを紹介する。参加者とともに、新しい時代の熱環境デザインについて議論する場としたい。


主 催:環境工学委員会 熱環境運営委員会
日 時:10月22日(土)13:00~17:30, 23日(日) 9:00~16:00
会 場:岡山理科大学 理大ホール(岡山市北区理大町1-1)
参加費(資料代含む)::会費6000円、会員外8000円、学生2000円

LinkIcon参加申し込み
LinkIcon詳細

2016年度 親と子の建築講座 「植物図鑑を作ろう」


開催場所:広島市植物公園
日  時:2016年11月23日(水・祝)  13:00~15:00
参 加 費:無料
対  象:小学生・保護者 20組

内容
1. 屋外コースの樹木マップ作成
2. 落ち葉の収集
3. 葉の見分け方について
4. 図鑑レイアウト検討・ラミネート図鑑作成
  ※ 動きやすく、汚れても良い靴・服装でお越しください。
講師
新旗朋子先生
(パシフィックコンサルタンツ総合プロジェクト部 都市・環境デザイン室技術課長

お申し込み方法
次の3点を明記の上、メールにてお申し込みください。
受付番号を返信致します。先着順受付となります。
①氏名(お子様・保護者とも)
②連絡先電話番号
③お子様の学年

申し込み先:広島女学院大学 真木研究室 北村宛 d13017yk@gaines.hju.ac.jp

主 催:日本建築学会中国支部
共 催:広島市植物公園
後 援:公益団体法人 日本都市計画学会中国支部

LinkIconリーフレット

第10回鋼構造シンポジウム 「建築鉄骨における溶接接合部の近年の研究動向」


鋼構造建築物では,接合部の性能が,建物全体の構造性能に大きな影響を及ぼす.今回は,その接合部の中でも溶接接合に着目し,設計・施工に有用な話題を取り上げる.例えば,入熱・パス間温度,ロボット溶接,ノンスカラップ工法(現場溶接含む),溶接欠陥評価・UT・溶融亜鉛めっきの際のめっき割れ等,基礎的な話を中心にしながら,近年の研究動向についても講演を行う.
最後に会場から講演内容についての質疑を行う.
本シンポジウムは,鉄骨製作に関する話題提供であり,より合理的な鋼構造設計や鋼構造建築物の製作に繋げていただくために企画されたものである.是非とも,構造設計者,鉄骨製作技術者,および大学生・院生の積極的な参加を期待する.


主 催:日本建築学会中国支部
共 催:日本建築構造技術者協会中国支部,協同組合広島県鉄構工業会
会 場:広島工業大学広島校舎(広島市中区中島町5-7)
講 師:中込忠男(信州大学名誉教授)
日 時:11月26日(土)15:00~17:00
定員/参加費:80名/無料
対 象:本会・共催団体会員,建築技術者,大学院生,大学生
問合せ:広島工業大学 建築工学科 清水斉 h.shimizu.tn@it-hiroshima.ac.jp

PDF

吉田鋼市(横浜国立大学名誉教授) 講演会
 「世界を魅了したアール・デコ ~フランス、アメリカ、アジアそして日本~ 」

-1925年にパリで開催されたパリ装飾美術博覧会(通称:アール・デコ博)において、華々しく発信されたアール・デコ。この造形スタイルはどのように世界に伝搬し、日本に導入されたのか?


日 時:11月26日(土)14:00~16:00 (13:30受付開始)
場 所:岡山県立図書館 2階 サークル活動室 (岡山市北区丸の内 2-6-30)
定員/参加費:60名/無料

主 催:(一社)日本建築学会中国支部岡山支所
後 援:岡山県、岡山市、(一社)岡山県建築士会、(一社)岡山県建築士事務所協会、
   (公社)日本建築家協会中国支部岡山地域会、岡山建築設計クラブ

問合せ:岡山支所〔担当:有森〕 TEL 086-226-7508
※申し込みは不要です

ポスター