l

日本建築学会 中国支部

日本建築学会 中国支部

AIJ, Chugoku Branch

広島平和記念資料館

| HOME |

お知らせ

 平成26年度「中国支部研究発表会」について

本年度中国支部研究発表会を下記の日程で開催いたします。積極的な論文投稿と研究発表会,並びに,同時開催事業への参加をお願い申し上げます。

同時開催事業
現在,我が国は1900年代後半の高度経済成長時代そして2000年代初期の東日本大震災を経て,社会の仕組みの転換の時期にあります。そして,価値観の多様化とともに生活水準の格差と将来への不安が,私達のライフスタイルの意識変化を促がし,建築に対するニーズを多様化させています。この少子高齢化が著しい状況下では,新たにつくることでなく,既存ストック活用の仕組みが必要とされています。地方では既存建築ストックの再生や活用のための計画手法及び制度は未整備であり,診断・改修・更新技術が求められます。今後,地域づくりの文脈の中で,既存ストックを活用した豊かな生活空間や環境を整備することが地域再生の課題と考え,「ストックの活用と地域づくり」というテーマを提示しています。

基調講演:竹内昌義(東北芸術工科大学建築・環境デザイン学科長)
シンポジウム/パネリスト(予定)
・竹内昌義 (東北芸術工科大学建築・環境デザイン学科長)
・片木克男 (NPOまちなかこもんず代表・米子高専名誉教授)
・片岡八重子(尾道空き家再生理事・ココロエ建築設計)
・西河葉子 (倉吉地域おこし協力隊・関金温泉若女将)
コーディネート:熊谷昌彦(米子高専建築学科教授)

講演会・シンポジウムのテーマ: ストックの活用と地域づくり
日 時:平成27年3月7日(日)13:00~17:00
会 場:米子市文化ホールイベントホール(鳥取県米子市末広町293番地)(建築雑誌10月号から変更になりました)
参加費:無料



支部研究発表会
日時:2015年3月8日(日)9:30-17:00(予定)
会場:米子工業高等専門学校(鳥取県米子市彦名町4448)
参加費:会員以外の一般参加者(学部生,大学院生を除く)は,参加費1,000円を,当日,会場受付でお支払い下さい。
論文・技術報告 応募規定
・題目申込み開始:2014年11月4日(火)9:00~2014年11月14日(金)17:00
 題目申し込みは終了しました
・発表登録費・郵便払込締切:2014年11月25日(火)
・原稿受付は締切ました



LinkIcon詳細

 宮島口 まちづくり国際コンペ

目  的
宮島口地区を「日本の宮島」を訪れる世界の人々を迎えるにふさわしいまちへとつくり変えていくためのアイデアを募集する
登  録:2015年 2/6~3/27
作品受付:2015年 5/11~6/30


リンク: http://miyajimaguchi.jp/

 第12回 鋼構造実験見学会 「ブレース型制振ダンパーを設置した露出柱脚付架構に関する実験」

主 催:日本建築学会中国支部,日本鉄鋼連盟
共 催:日本建築構造技術者協会
協 賛:協同組合広島県鉄構工業会
会 場:広島大学 建築構造実験室(東広島市鏡山1-4-1 E3-101)
日 時:2 月21 日(土) 13:00~16:00
定員・会費:30名・無料
対 象:本会・協賛団体会員,建築技術者,大学院生,大学生
講 師:山西央朗(広島大学)
問合せ・申込先:広島大学大学院 建築学専攻
       山西央朗   e-mail: yamanisi@hiroshima-u.ac.jp


LinkIcon詳細

 第11回 日本建築学会中国支部「構造賞」候補募集


主 催:日本建築学会中国支部
後 援:日本建築構造技術者協会中国支部
日本建築学会中国支部では、平成16 年度から日本建築学会中国支部「構造賞」を創設しています。関係各位からの積極的な応募を期待しております。

第11回日本建築学会中国支部「構造賞」募集要項

1.表彰目的 当該年度毎に日本建築学会中国支部が、建築構造に関して特に優秀な業績(研究を含む)を挙げた若手会員(原則として、中国支部会員)及び優秀な卒業・修了研究を行った学生を表彰する。

2.表彰 以下の各賞について表彰し、賞状と副賞を贈る。
①卒業研究賞(応募する各大学及び高専で1名ずつ)
②修士論文賞(応募する各大学で1名ずつ)
③研究・業績賞(研究及び業績に1名ずつ)
なお、①および②の表彰は、受賞者の属する大学・高専の卒業式等で行い、③の表彰は当該年度の支部研究発表会前日の懇親会で行う。

3.表彰対象 ①卒業研究賞:中国支部に属する大学および高専より推薦されたもの
②修士論文賞:中国支部に属する大学より推薦されたもの
③研究・業績賞:中国支部に属する会員又は法人・賛助会員より他薦・自薦されたもの

4.選考 提出資料に基づき、選考委員会(日本建築学会中国支部構造委員会委員長,幹事,構造委員会委員2名および建築構造技術者協会中国支部長で構成)で選考する。

5.応募手続
(1)推薦理由書の書式
LinkIcon① 推薦理由書(卒業・修士論文用)
LinkIcon② 推薦理由書(研究業績用)

(2)提出期限
①卒業研究賞及び②修士論文賞:平成27年3月5日(木)17:00必着のこと
③研究・業績賞:平成26年12月19日(金)17:00必着のこと
(3)提出先
日本建築学会中国支部事務局
〒730-0052広島市中区千田町3-7-47広島県情報プラザ5F
(4)提出物
①卒業研究賞又は②修士論文賞においては,卒業論文又は修士論文に関する推薦理由書
③研究・業績賞においては,博士論文,発表論文又は業績を証明する資料の他,推薦する会員又は法人・賛助会員の推薦理由書


LinkIconPDF版