l

日本建築学会 中国支部

日本建築学会 中国支部

AIJ, Chugoku Branch

広島平和記念資料館

| HOME |



お知らせ

<情報提供> 浸水被害を受けた竹小舞下地土壁の扱いについて ー土壁が水に浸かっても、その壁土を再利用・修理して元の住まいに住み続けることができますー


LinkIconPDF

本間俊雄先生による建築デザイン講演会「建築構造の魅力を語る―建築物のデザインと構造形態-」のご案内


日本建築学会中国支部島根支所は、島根県建築士会と共催で、本間俊雄先生を松江にお招きして、下記講演会を開催することとなりました。本間俊雄先生は、建築構造の形態創生に関する研究の先駆者であり、2014年には、建築学会賞を受賞されました。今回のご講演では、近年のBIMやデジタル・ファブリケーションを絡めての建築構造の形態創生のお話など建築構造の魅力を存分に語っていただけるものと思います。皆様、是非ご参加ください。

主催:(一社)日本建築学会中国支部島根支所
共催:(一社)島根県建築士会
日時:11月17日(日)13:30から16:00
場所:島根大学総合理工学部1号館2階21講義室
講演題目:建築構造の魅力を語る―建築物のデザインと構造形態―
講演者:本間俊雄先生(鹿児島大学教授)
参加費:無料、申し込みは、11月13日(水)までにkich@riko.shimane-u.ac.jpまでEメールで氏名、メールアドレスをご連絡ください。
当日は、公共交通機関でお越しください。

講演概要
近年の建築設計プロセスにおける3D-CADやBIM*の利用は、意匠・構造・設備・施工の連携強化を実現し、これまで不可能とされていた複雑な形状の建築構造物が建設可能になってきました。また、3Dプリンタに代表されるデジタル・ファブリケーション**の技術も身近なものになりつつあり、建築デザインに大きな変化をもたらして、デザインとコンストラクションの間の垣根が取り払われるような期待感があります。このように実現可能な建築表現の自由度が急速に広がる中で、建築物の形態をどのように決定すべきかと云う問題について、今まで以上に深く議論する必要がありそうです。
本講演では、アルゴリズミック・デザイン、構造形態の創生、構造最適化といった建築構造物の形態を作り出す現況の技術とそれに伴う建築デザインとの関係および最近の動向を解説し、今後の展望について話します。


LinkIcon詳細

2019年度中国支部教育文化事業 「未来に残すべき建築~モダニズム建築継承のために」講演とシンポジウム


主催:日本建築学会中国支部
日時:11月30日(土)13:30~
会場:海峡メッセ下関10階国際会議場(山口県下関市豊前田町3丁目3-1)
講師:竹山聖(京都大学)、平野祐一(建築家)、今村剛浩(建築家)、岡松道雄(山口大学) ほか
問合せ:山口支所 原田まで e-mail : harada2982@gmail.com


LinkIconPDF

LinkIcon詳細

中国支部環境工学講演会


内容
 題名:「包括熱伝導率を用いた耐火試験時の裏面温度予測に関する研究」
 講師:吉谷 公江 先生 近畿大学工学部建築学科 助教
 題名:「気候特性を考慮した都市高温化対策の適所導入に関する研究」
 講師:横山 真 先生 福山市立大学都市経営学部 助教

主催:中国支部環境工学委員会
日時:11月30日(土)14:15~17:00
会場:広島大学・東千田未来創生センター M203講義室
     (広島市中区東千田町1-1-89)

定員:50名(資料準備のため事前申込みが望ましい)
参加費:無料
申込・問合せ:岡山理科大学工学部建築学科 坂本 和彦
        086-256-9566 E-mail:ksakamoto@archi.ous.ac.jp


LinkIconPDF

水の都ひろしまシンポジウム
太田川とともに歩む広島のまちづくり



「太田川基町護岸」が誕生してから40年.これを機に,水の都・広島の“これまで”と“これから”を考えるシンポジウムを企画しました.

主催:(一社)日本建築学会中国支部,水の都ひろしま推進協議会
日時:12月13日(金)14:15~16:45
会場:広島国際会議場B2F
講師:中村良夫(東京工業大学名誉教授)ほか
定員:250名(申込先着順)
参加費:無料
申込:市川尚紀(近畿大学) e-mail : ichikawa@hiro.kindai.ac.jp



LinkIconPDF

一般社団法人日本建築学会中国支部岡山支所 教育文化事業建築家/美術史家 山名善之 講演会 『 近現代建築の保存と活用について 』



1 趣 旨
  昭和の時代が終わって30年が経過し、来年は終戦から75年を迎えようとしている。施主・設計 者・施工者・職人等の熱意や熟練された技術・デザインなどが込められた建築物には、その時代 を反映するとともに、学術的・芸術的・文化的に価値の高いものが多くある。しかし、それらは 人々の生活や経済活動と密接な関係があるが故に、機能性・経済性などの理由で大規模に改修さ れたり解体されたりする運命をはらんでいる。経済優先のグローバルな社会から、環境や文化・ 地域性などを大切にする時代になって久しい今、近現代建築の文化的価値について社会に発信するとともに保存・活用の必要性についての啓発が求められている。
この講演会では、DOCOMOMO Japan 副代表理事であり、多くの貴重な近現代建築の保存活動に関わっている山名善之氏に、近現代建築の文化的価値及び保存に係る現状や課題について語って いただくこととしている。その内容は、建築文化の更なる発展や今後のまちづくりの参考となる とともに、学生等の将来を担う世代に文化としての建築の大切さを伝えることができるものと期待している。

日時:令和2年1月18日(土) 14:00~16:00
会場:岡山市立オリエント美術館 地階 講堂(岡山市北区天神町9-31)
定員:50名 参加費:無料 主催:一般社団法人日本建築学会中国支部岡山支所
後援:岡山県、岡山市、公益社団法人日本建築家協会中国支部岡山地域会、一般社団法人岡山県建築士会、一般社団法人岡山県建築士事務所協会、岡山建築設計クラブ


LinkIconPDF

日本建築学会中国支部研究発表会構造部門 若手優秀発表賞受賞者発表


日本建築学会中国支部構造委員会は、支部研究発表会の活性化を図り、若手による学術講演と学会活動を顕彰することを目的に、構造部門の発表者を対象として、LinkIcon実施要領に基づき、「優秀発表賞」の選考を行いました。
以下に、平成30年度受賞者を記します。 


池田 将和  広島大学大学院工学研究科:
   RC床版とCLTの合成床のクリープ性能に関する実験的研究
   その2 実大床曲げクリープについて
浮田 紳二  広島大学:
   構造物の応答性状に及ぼす初期減衰モデルの影響評価
大坪 悠登  近畿大学大学院システム工学研究科:
   HMPS法とIESO法を用いたコンプライアントメカニズムのトポロジー最適化
小阪田 祥太  山口大学:
   柱梁接合部に新しいPCMを用いた外付けフレームの構造性能に関する研究
   その2 J-21試験体の実験結果
小野 裕策  広島大学大学院:
   鉄骨-コンクリート間のすべりを考慮したSC基礎梁の耐力評価
郷原 良太  広島工業大学大学院:
   座屈拘束ブレースを用いた水平変位拘束材付露出柱脚の崩壊機構に関する研究
高橋 正樹  広島大学工学部第四類建築工学課程:
   S造4階建物の大型震動台試験のシミュレーション解析
谷口 京  米子工業高等専門学校専攻科建築学専攻:
   木造建築物接合部の振動応答特性の把握に関する研究
   (その1)調和振動および任意波形に対する線形応答
宮崎 葉月  山口大学:
   鉄筋コンクリート組積造打込み目地構法に用いる波形ユニットのプリズム試験体圧縮実験
村田 佳介  広島大学:
   2段目主筋をカットオフしたRC梁の追加ひび割れ防止筋の効果と主筋付着応力度分布
藤嶋 大樹  広島大学:
   堆積地盤上における地震動・微動H/Vスペクトル比の逆解析によるS波速度構造モデルの推定とそれに基づく地盤増幅特性の評価


                          2019年03月
                          日本建築学会中国支部
                          構造委員会 委員長 稲井栄一

日本建築学会中国支部研究発表会 材料施工委員会 優秀発表賞受賞者発表


日本建築学会中国支部材料施工委員会は、支部研究発表会の活性化を図り、学術講演と学会活動を顕彰することを目的に、材料施工部門の若手発表者を対象として、LinkIcon実施要領に基づき、「優秀発表賞」の選考を行いました。
以下に、平成30年度受賞者を記します。 


山口大学工学部感性デザイン工学科 近藤瑠星
   廃棄物焼却灰を用いたジオポリマー硬化体に関する研究
山口大学工学部感性デザイン工学科 八木美澪
   パーライト粉末を用いたジオポリマー系補修材に関する研究
呉工業高等専門学校専攻科 難波宗功
   梁材にLVLを用いた床水平構面の面内せん断試験
広島大学大学院工学研究科 屈斐斐
   外壁の貫通ひび割れ挙動再現試験による塗装補修材の評価に関する基礎実験
広島大学大学院工学研究科 渡部雅貴
   畳み込みニューラルネットワークを用いたASR劣化度判定における基礎的研究
山口大学創成科学研究科 吉岡励
   "Numerical Analysis Method of Inter-Flow Between Reinforced Bars For Fresh Concrete"


                          2019年03月
                          日本建築学会中国支部
                          材料施工委員会 委員長 李柱国