l

日本建築学会 中国支部

日本建築学会 中国支部

AIJ, Chugoku Branch

広島平和記念資料館

| HOME |

お知らせ

 平成26年度「中国支部研究発表会」について

本年度中国支部研究発表会を下記の日程で開催いたします。積極的な論文投稿と研究発表会,並びに,同時開催事業への参加をお願い申し上げます。

同時開催事業
現在,我が国は1900年代後半の高度経済成長時代そして2000年代初期の東日本大震災を経て,社会の仕組みの転換の時期にあります。そして,価値観の多様化とともに生活水準の格差と将来への不安が,私達のライフスタイルの意識変化を促がし,建築に対するニーズを多様化させています。この少子高齢化が著しい状況下では,新たにつくることでなく,既存ストック活用の仕組みが必要とされています。地方では既存建築ストックの再生や活用のための計画手法及び制度は未整備であり,診断・改修・更新技術が求められます。今後,地域づくりの文脈の中で,既存ストックを活用した豊かな生活空間や環境を整備することが地域再生の課題と考え,「ストックの活用と地域づくり」というテーマを提示しています。

基調講演:竹内昌義(東北芸術工科大学建築・環境デザイン学科長)
シンポジウム/パネリスト(予定)
・竹内昌義 (東北芸術工科大学建築・環境デザイン学科長)
・片木克男 (NPOまちなかこもんず代表・米子高専名誉教授)
・片岡八重子(尾道空き家再生理事・ココロエ建築設計)
・西河葉子 (倉吉地域おこし協力隊・関金温泉若女将)
コーディネート:熊谷昌彦(米子高専建築学科教授)

講演会・シンポジウムのテーマ: ストックの活用と地域づくり
日 時:平成27年3月7日(日)13:00~17:00
会 場:米子市文化ホールイベントホール(鳥取県米子市末広町293番地)(建築雑誌10月号から変更になりました)
参加費:無料



支部研究発表会
日時:2015年3月8日(日)9:30-17:00(予定)
会場:米子工業高等専門学校(鳥取県米子市彦名町4448)
参加費:会員以外の一般参加者(学部生,大学院生を除く)は,参加費1,000円を,当日,会場受付でお支払い下さい。
論文・技術報告 応募規定
・題目申込み開始:2014年11月4日(火)9:00~
(学会中国支部のホームページ -HP- より申込み)

・題目申込み締切:2014年11月14日(金)17:00(厳守)
・発表登録費・郵便払込締切:2014年11月25日(火)
・原稿提出開始 :2015年 1月5日(月)9:00~(支部HPより投稿,PDF電子投稿のみとする)
・原稿提出締切 :2015年 1月19日(月)17:00(厳守)



LinkIcon詳細

 第47回セメント系固化材セミナー(広島)

主 催:一般社団法人セメント協会
後 援:地盤工学会中国支部、土木学会中国支部、日本建築学会中国支部、日本コンクリート工学会中国支部、農業農村工学会中国四国支部、日本建設業連合会中国支部、 建設コンサルタンツ協会中国支部、プレハブ建築協会、住宅地盤品質協会
日 時:2014年12月3日(水)9:30~16:50
会 場:JAビル10F 講堂 [〒730-0051 広島市中区大手町4丁目7-3]
CDP:土木学会認定CPDプログラム(JSCE14-0164 5.8単位)
定 員:150名(定員になり次第締切させて頂きます)
参加費:1名当たり12,000円(テキスト代を含む)

問合せ:一般社団法人セメント協会・普及部門
     〒103-0023 東京都中央区日本橋本町1-9-4 TEL03-5200-5060

リンク: http://www.jcassoc.or.jp/cement/1jpn/ji1d.html