l

日本建築学会 中国支部

日本建築学会 中国支部

AIJ, Chugoku Branch

広島平和記念資料館

| HOME |

お知らせ

 2016年度中国支部通常総会ならびに付随行事について

≪中国支部通常総会≫
日時:5月20日(金)13:30~14:20
会場:広島県情報プラザ地下多目的ホール
(広島市中区千田町3-7-47TEL:082-240-7700)
*当日総会をご欠席される中国支部在住正会員は会報誌「建築雑誌3月号」とじ込みの
 「委任状」ハガキを総会前日までに必着で郵送して下さい。

≪付随行事≫
・役員会 11:00~(2F会議室)

・広島県より報告事項 14:30~15:10(地下多目的ホール)

・会長記念講演会「建築としての声を一つに」 15:20~16:20(地下多目的ホール)
 中島正愛(第54代日本建築学会会長・京都大防災研究所教授)

・懇親会 16:30~ (1Fレストラン マルコポール)
 会費5,000円
参加希望の方は5/16(月)までに下記事務局までご連絡下さい。


(一社)日本建築学会中国支部事務局
TEL:082-243-6605 FAX:082-244-3840
e-mail:aij-chugoku@sirius.ocn.ne.jp


LinkIconPDF

 2016年度 日本建築学会中国支部環境工学研究発表会

主 催:中国支部環境工学委員会
共 催:空気調和・衛生工学会中国四国支部
日 時:2016 年7 月2日(土)13:15~16:00
場 所:宇部市常盤台2-16-1 山口大学工学部D講義棟12号室
問合せ:山口大学工学部感性デザイン工学科 小金井真

プログラム
1. 地図記入法を用いた自由散策時の経路選択要因に関する研究
   山﨑 航(広島大学大学院)  13:15~13:40
2. 建築一体化植栽の熱環境改善効果に関する研究
   西上 諒(岡山理科大学大学院)   13:40~14:05
3. 建物性能シミュレーションの初期モデル構築に関する研究
   温 麗維(山口大学大学院)   14:05~14:30
  休憩(14:30~14:40)
4. 沿岸都市における海風の夏季気温低減効果に関する研究
   佐々木唯(広島大学大学院)     14:40~15:05
   -都市環境気候図作成を目的として-
5. 太陽熱を利用したヒートポンプ組み込み型デシカント空調システムの実測評価
   生田紀夫(山口大学大学院)   15:05~15:30

Tel 0836-85-9710
E-mail mkoganei@yamaguchi-u.ac.jp


LinkIconPDF

 地井昭夫先生追悼10年記念パネルディスカッション
~今の事態を地井先生はどう見ておられるだろうか~
“農山漁村へのまなざし、都市への思い…”

地井昭夫先生は、建築家・吉坂隆正(1917-1980)に師事し、早稲田大学在学中より伊豆大島の復興計画を手がけ、「発見的手法」を主唱するとともに、当時はあまり知られていなかった船小屋の漁村集落(丹後・伊根浦)に魅せられ、漁村の空間・社会の研究を精力的に行われました。また、広島工業大学、金沢大学、広島大学、広島国際大学で教鞭を執られ、その間、漁村計画研究所及び漁村研究会を発足させ、全国各地の漁村計画、漁村の環境改善などに関する研究と提案をなされました。 本事業は、こうした地井昭夫先生を偲び、没後10年の追悼記念として行うものです。
内容としては、報告(地井先生の足跡・まなざし等)とパネルディスカッション、意見交換・フリートークにより、地井先生の建築や中国地域における地域計画、学会活動へのまなざし、そして九州地域との関わりなどを取り上げながら、先生は農山漁村や都市の“今”をどのように見ておられるかを考え、“これから”のヒントを探るものです。

主 催:(一社)日本建築学会中国支部 農村計画委員会
後 援:(公社)日本都市計画学会中国四国支部(予定)
日 時:7月9日(土)13:30~16:30
会 場:合人社ウェンディひと・まちプラザ 研修室C(広島市中区袋町6-36)
参加費:無料
問合先・申込先:山下和也(地域計画工房)k-yamashita@chiikikb.co.jp


LinkIconPDF

 2016年度「中国支部奨励研究助成」候補募集


 支部活動の活性化を図り,支部の発展に資するため,1992年度から若手研究者の育成を目的とした奨励研究基金を設置し,助成制度を創設しています。
 今年度も次のとおり助成候補を募集しますので,奮ってご応募下さい。

助成事業:若手研究者の育成に資すると認められる調査・研究・技術開発事業
      (他の制度により助成を受けるものは,原則として除く。)
助成内容
Ⅰ)助成金額20万円以内 1件
Ⅱ)助成金額10万円以内 1件
応募資格:
1)Ⅰ)については,中国支部の会員である大学・短期大学・高等専門学校等の教職員(ただし,教授・准教授は除く),官公庁・企業の職員,または,博士課程後期学生等。
2)Ⅱ)については,中国支部の会員である博士課程前期学生,学部学生,専攻科生,高専生,研究生等。
3)Ⅰ),Ⅱ)とも,グループで応募することも可能。その場合は,代表者が中国支部の会員であること。
4)Ⅰ),Ⅱ)とも,それぞれ助成回数の限度を1回とする。

審査発表:7月上旬に助成対象者を決定。本人に通知の上,助成金を交付する。
応募方法:所定の申込用紙に必要事項を記入し,6月3日(金)(必着)までに申込をすること。

問い合わせ:日本建築学会中国支部 総務委員会
〒730-0052 広島市中区千田町3-7-47広島県情報プラザ5F
TEL:082-243-6605


LinkIcon詳細
LinkIcon申込書