l

日本建築学会 中国支部

日本建築学会 中国支部

AIJ, Chugoku Branch

広島平和記念資料館

| HOME |

お知らせ

 地井昭夫先生追悼10年記念パネルディスカッション
~今の事態を地井先生はどう見ておられるだろうか~
“農山漁村へのまなざし、都市への思い…”

地井昭夫先生は、建築家・吉坂隆正(1917-1980)に師事し、早稲田大学在学中より伊豆大島の復興計画を手がけ、「発見的手法」を主唱するとともに、当時はあまり知られていなかった船小屋の漁村集落(丹後・伊根浦)に魅せられ、漁村の空間・社会の研究を精力的に行われました。また、広島工業大学、金沢大学、広島大学、広島国際大学で教鞭を執られ、その間、漁村計画研究所及び漁村研究会を発足させ、全国各地の漁村計画、漁村の環境改善などに関する研究と提案をなされました。本催しは、こうした地井昭夫先生を偲び、没後10年の追悼記念として行うものです。
内容としては、報告(地井先生の足跡・まなざし等)とパネルディスカッション、意見交換・フリートークにより、地井先生の建築・集落や中国地域における地域計画、研究・学会活動へのまなざしなどを取り上げながら、先生は農山漁村や都市の“今”をどのように見ておられるかを考え、“これから”のヒントを探ります。

主 催:(一社)日本建築学会中国支部 農村計画委員会
後 援:(公社)日本都市計画学会中国四国支部(予定)
日 時:7月9日(土)13:30~16:30
会 場:合人社ウェンディひと・まちプラザ 研修室C(広島市中区袋町6-36)
参加費:無料
問合先・申込先:山下和也(地域計画工房)k-yamashita@chiikikb.co.jp

※本催しは、日本建築学会中国支部の「教育文化事業(後援会等)」として行うものです。

LinkIconPDF(情報更新)

女性技術者と女子学生が建築の仕事について語る座談会


建築について学ぶ女子学生たちが,建築業界の理解を深めるとともに,ライフサイクル
 の考え方なども含め,建築分野で女性技術者として働くことについて考える座談会です。
建築設計や施工管理など,実社会で活躍する女性技術者から仕事や生活についてお話を
 伺います。
講師: 野口 美保 氏 (大旗連合建築設計株式会社)
     服部 絵美 氏 (積水ハウス株式会社広島シャーメゾン支店)
     坂本 望美 氏 (戸田建設株式会社広島支店)
対象:建築を学ぶ女子学生。学年は問いません。
定員:50 名程度(先着順)
参加費:無料

日 時:8月9日(火)15:00~17:00
会 場:県立広島大学サテライトキャンパスひろしま 502 大講義室
     (広島市中区大手町1 丁目5-3  ※エディオン本館から南へ約100m)
参加費:無料
申込先・問合せ:広島工業大学 工学部 建築工学科 福田由美子
        E-mail y.fukuda.bv@it-hiroshima.ac.jp   Tel : 082-921-5416
参加希望者は,[ 氏名,学校名,学年,連絡先のアドレス] を明記の上,メールにてお申し込み下さい。 〆切:7/31

主 催:一般社団法人 日本建築学会中国支部

LinkIconPDF

第10回鋼構造セミナー「上下階でコラム柱のサイズを変更する仕口部の設計と製作」


 コラム柱を用いる鉄骨造の設計において,上下階で柱のサイズを変更する場合,その仕口部の製作方法には,テーパー鋼管を用いる方法.あるいは,ビルトボックスでテーパー形状のパネル部を製作する方法(在来工法).または,特殊なダイアフラムを用いてパネル部には汎用的なストレート鋼管を用いる方法等が挙げられる.ここでは,特殊なダイアフラムを用いる場合の留意事項の説明を行う.そして,設計例を用いて,柱のサイズを変更する場合の仕口パネル部の製作方法を在来工法とした場合と,その他の工法とした場合について,設計と製作の両面から比較検討し,その結果について説明を行う.
 本セミナーは, より合理的な鋼構造設計や鋼構造建築物の施工に繋げるために企画されたものである.是非とも,構造設計者,鉄骨製作技術者,および大学生・院生の積極的な参加を期待する.

主 催:日本建築学会中国支部,日本建築構造技術者協会中国支部,協同組合広島県鉄構工業会
日 時:9月24日(土)14:00~16:30
会 場:広島工業大学広島校舎(広島市中区中島町5-7)
講 師:近松英樹(日本建築構造技術者協会中国支部 技術委員長)
    望月久智(センクシア株式会社 デバイス本部 主任技師)
    岩土英爾 船山聖喜(協同組合広島県鉄構工業会)

参加費:主催団体会員 1000円,会員外 2000円,学生 無料
対 象:主催団体会員,建築技術者,大学院生,大学生
問合せ:広島工業大学 建築工学科 清水斉 h.shimizu.tn@it-hiroshima.ac.jp

LinkIconPDF

第14回鋼構造実験見学会「端部偏平加工を有する円形鋼管の偏心座屈試験」


 端部を偏平加工した円形鋼管を用いて立体トラスを組み立てる際に,コストと施工性を考慮して,曲げた接合プレートに鋼管端部偏平部を1面せん断で高力ボルト接合する構法が提案されている。
 この構法では,鋼管に対して偏心軸力が作用するため,その座屈耐力を把握する必要がある。そこで本試験では,偏心の有無による鋼管の座屈耐力を確認することを目的とした圧縮試験を実施する。使用する鋼管はP-48.6×3.2及びP-60.5×3.2(STK400)とする。


主 催:日本建築学会中国支部,日本鉄鋼連盟
共 催:日本建築構造技術者協会,協同組合広島県鉄構工業会
会 場:岡山理科大学構造実験室(岡山市北区理大町1-1)
講 師:中西啓二(岡山理科大学)
日 時:10月22日(土) 13:00~16:00
定員・会費:50名・無料
対 象:本会・協賛団体会員,建築技術者,大学院生,大学生
問合せ・申込先:岡山理科大学 建築学科 中西啓二 nakanishi@archi.ous.ac.jp


LinkIconPDF