■環境工学
組織図
名簿
運営委員会
規定

■若手優秀発表賞
詳細
受賞者一覧

■ダウンロード
書式一覧

更新日:2017/11/13



■新着情報


■2016年度 日本建築学会大会(九州)学術講演会
環境工学委員会 若手優秀発表賞 受賞者 計81名




■シンポジウム「健康を支える住環境に求められる光とは」


本シンポジウムでは、生理反応や心理反応、行動など多様な指標によって示唆される光の
健康に関する様々な効果について、実験室レベルさらには実生活空間での検討から得られ
た研究成果や知見の紹介を行います。幅広い分野からのご参加をお待しております。

主 催: 環境工学委員会 光環境運営委員会
日 時: 2017年11月16日(木) 14:00〜16:45
場 所: 建築会館 3階会議室  (東京都港区芝5-26-20)
http://www.aij.or.jp/jpn/symposium/2017/171116fd.pdf


■(第6回都市環境デザインフォーラム) 暑熱環境に適応した都市環境デザインの実践

都市気象分野等における気候予測精度向上や対策技術開発に向けた研究最新動向、社会実
装の取り組み事例を踏まえ、温暖化がもたらす極端な気象による災害、暑熱環境に適応し
た都市環境デザインのあり方、研究の展開、新たな職能等について議論します。

主 催: 日本建築学会 環境工学委員会 都市環境・都市設備運営委員会
日 時: 2017年11月20日(月)13:30〜17:00
場 所: 建築会館ホール
http://www.aij.or.jp/jpn/symposium/2017/171120_fi00.pdf


第47回熱シンポジウム 温熱感研究における建築空間の快適性と健康性の捉え方を探る 

快適性と健康に関わる知見、温熱環境の新しい測定法や数値計算を含む評価法に関する知
見を紹介し、参加者とともに高齢者、子供、障がい者等への配慮や、健康と快適性のバラ
ンスをどう考えるかなど、温熱環境の評価方法の今後について集中的に議論したい。

 

主 催: 日本建築学会 環境工学委員会 熱環境運営委員会(温熱感小委員会)
日 時: 2017年11月25日(土)13:30〜17:15、26日(日)9:30〜16:10

    (25日17:30より研究交流会を予定)

場 所: 建築会館(東京都港区芝5丁目26番20号)



■都市型・省CO2のエコキャンパス「東京電機大学・東京千住キャンパス」

公開見学会では、2012年に開設したキャンパス施設とともに、ヒートポンプシステムを最
大限に活用する世界初の連結縦型蓄熱槽や、大学初の高効率エアーフローウィンドウ、省
エネセンサなどの環境設備について見学する予定です。

主 催: 日本建築学会 関東支部 環境工学専門研究委員会
日 時: 2017年12月5日(火)13:50〜17:00
場 所: 東京電機大学・東京千住キャンパス
http://kanto.aij.or.jp/images/pdf/symposium/20171205.pdf


■第4回低炭素社会推進会議シンポジウム
『低炭素社会の実現に向けてストックをどう考えるべきか』

低炭素社会推進会議の4年間の活動を概観し、タスクフォースの活動からストック社会の
在り方について議論する。様々な形でストックの問題に取り組んでいるゲストから事例等
を学び、都市・建築分野における課題と本会議が果たすべき役割について意見を交わす。

主 催: 低炭素社会推進会議
日 時: 2017年12月7日(木) 13:00〜17:30
場 所: 建築会館ホール(東京都港区芝5-26-20)
http://www.aij.or.jp/jpn/symposium/2017/171207_y900.pdf


■「エネマネハウス2017」
大学と民間企業等の連携により、“LIFE DESIGN INNOVATION”

〜住まい・コミュニティに多様な新しい価値を創造する〜をテーマに、先進的な技術や新
たな住まい方を提案するモデルハウスを実際に建築し、住宅の環境・エネルギー性能の測定・実証や、展示を通じた普及啓発を行います。

主 催: エネマネハウス2017事務局
共 催:大阪市
後 援:国土交通省、日本建築学会 他
日 時: 2017年12月2日(土)〜12月17日(日)
場 所: 大阪市うめきたサザンパーク(うめきた2期B区域)
    *JR大阪駅、阪急梅田駅から徒歩約3分
https://www.enemanehouse.jp/