医療機関における電波利用機器に配慮した建築ガイドライン・同解説−医用テレメータ編−(案)

パブリックコメント募集



 本小委員会では,環境工学委員会のAIJES作成推進方針に則り,電波を管理する医療従事者(施設管理部門、情報システム部門、臨床工学技士、看護師など)、医療機器製造販売業者(医療機器メーカ/ベンダー)、建築設計者・施工者が施設計画段階から情報を共有することによって、電波を利用した医療機器を安心して使用するための電波環境の提供を目的として,医療機関における電波利用機器に配慮した建築ガイドラインの作成に関する活動を行っております。
 上記「建築ガイドライン」につきましては,2021年1月27日に電磁環境シンポジウム「医療機関における電波利用に関する建築ガイドライン作成への取り組み」を開催し,本ガイドライン案の概要を説明するとともに,広く会員の皆様の御意見をいただきました。
 その後も関連分野の研究者や専門家の御意見をいただきながら内容の検討を進め,この度,本規準の最終案(FDS)の完成の運びとなりましたので,ここにパブリックコメントを募集いたします。  多数の皆様からの御意見をお待ちしております。
 御意見は、日本建築学会会員番号および氏名を御明記の上,下記宛にEメールでお送りください。

一般社団法人 日本建築学会
環境工学委員会 企画刊行運営委員会
医療機関の電波利用に配慮した建築ガイドライン検討小委員会
主査 遠藤 哲夫

2021年4月19日

ダウンロード:PDFファイル

 ・医療機関における電波利用機器に配慮した建築ガイドライン・同解説−医用テレメータ編−(案)

本件の意見受付締切

  2021年5月7日(金) 


本件の意見送り先

医療機関の電波利用に配慮した建築ガイドライン検討小委員会 主査 遠藤 哲夫
endtto00*pub.taisei.co.jp (*を@にかえて送信ください)