支部の沿革

年月日

履歴

昭和22年11月29日

近畿支部設立発会式を大阪大学にて挙行、支部事務所を京都大学建築教室に設置

昭和23年 4月

近畿地区卒業設計コンクールを実施

昭和23年 5月

本会大会を京都大学および大阪商工会議所にて開催

昭和23年 8月

研究懇談会(支部研究発表会の前身)を開催

昭和24年

支部特別委員会を設置(昭和47年廃止)

昭和24年 5月

研究懇談会を支部研究会と改称して開催

昭和25年 2月

文献研究会(支部常置研究部会の前身)を設置

昭和26年11月

本会大会を京都大学にて開催

昭和27年

支部共通事業設計競技が開始され参加

昭和27年 8月

文献研究会を研究懇談会に改称

昭和29年 2月

住宅研究会(支部常置研究部会の前身)を設置

昭和29年10月

本会大会を京都大学にて開催

昭和30年11月

研究懇談会、住宅研究会を名称統一し5研究分科会に拡充

昭和31年 9月

近畿建築会館(大阪市)に事務所を移転し専任職員を配置

昭和32年11月29日

近畿支部創立10周年

昭和34年10月

本会大会を京都大学にて開催

昭和37年 4月

支部研究発表会に際して支部研究報告集を刊行

昭和38年 8月

大阪科学技術センターに事務所を移転

昭和40年 5月

研究分科会を改称し11研究委員会に拡充

昭和40年10月

本会大会を神戸大学にて開催

昭和42年11月29日

近畿支部創立20周年

昭和43年 5月

支部事業委員会を設置

昭和46年11月

本会大会を関西大学にて開催

昭和51年 4月

研究委員会を改称し20研究部会に拡充

昭和52年 6月

本会春季大会を大阪科学技術センターにて開催

昭和52年11月29日

近畿支部創立30周年 記念事業を実施

昭和55年 9月

本会大会を近畿大学にて開催

昭和61年4月9日

本会創立100周年

昭和62年10月

本会大会を神戸大学にて開催

昭和62年11月29日

近畿支部創立40周年 記念事業を実施

平成 5年11〜12月

本会主催建築文化週間関連事業を神戸市内にて開催

平成 7年 1月24日

兵庫県南部地震初動調査を実施( 〜 1月26日)

平成 7年10月

支部研究部会を22部会に拡充

平成 8年 6月

大阪科学技術センター内の事務所を拡充

平成 8年 9月

本会大会を滋賀県立大学にて開催

平成 9年11月29日

近畿支部創立50周年 記念事業を実施

平成10年 2月23日

近畿支部事務局に電子メールを開設

平成10年 9月 1日

近畿支部ホームページを開設し正式運用を開始

平成11年 6月18日・19日

近畿支部研究発表会を大阪工業技術専門学校1号館にて開催

平成11年10月19日

近畿支部役員選挙細則の改正が行われた

平成11年11月11日

近畿支部規程の改正が行われた

平成12年 1月27日

近畿支部特別事業「阪神・淡路大震災から5年」の開催 
 見学会「震災復興の軌跡を巡る」、講演会「阪神・淡路大震災 5年間の取り組み」 
 パネルディスカッション「阪神・淡路大震災の教訓をどう生かすか」

平成12年 5月23日

通常総会記念行事「2000年日本建築学会作品選奨近畿支部受賞記念講演会 
―佐川美術館、真宗大谷派(東本願寺)参拝接待所―」を開催

戻る