形態創生コンテスト2011の応募要領
A. コンテストの主旨
  形態創生のアルゴリズムや考え方を用いた,建築空間や構造物の「新しいかたち」や「独創的なアイデア」を評価するコンテストを実施します。本コンテストは今回が第6回となりますが、年々応募者が増え、注目されるコンテストの一つとなっています。今回も様々な分野の多くの人に参加して頂き、形態創生のおもしろさや可能性を感じてほしいと考えています。
B. 課題(テーマ)
 
「合理的に『変化する』かたちが造る建築」
解説;多くの人には建築はどっしりとして変化しないもの、動かないものと考えられていますが、そうでしょうか。次のような事例も参考に独創的な『変化する』かたちが造る建築を提案してください。
地震や風の力を受け流す、あるいはそれら外乱のエネルギーを吸収する建物。免震構造や制振構造もひとつの例でしょう。
開閉する機構を持つ建物。開閉式屋根で大きな開口率をとりたい。合理的なルーバーを考えたい。あるいは壁面から大きなものを効率よく搬入したいなど。
合理的な施工のために建設中にかたちが変化する建物。たとえばパンタ・ドームシステムや、リフトアップ工法があります。
出来上がった後にかたちを変える建物。たとえばその時々の用途や環境に応じて形を変える建物。あるいは集客施設として人々の注目を集めるために一時的に変形する。

「こんな形が面白い」「こんな形がユニーク」のみの提案ではなく,建築の形態を見つける方法の説明や提案が含まれていることが望まれます。コンピュータプログラムによらない方法の提案も歓迎します。また,建築物を構成する部位・部品などを対象とすることも可能です。

C. 応募資格
  個人あるいは個人を代表者としたグループとします。なお,同一の個人または代表者名での複数の応募をすることはできません。
D. 審査委員(敬称略,50音順)
 
審査委員長 大森博司 (名古屋大学教授)
審 査 員 新谷眞人 (早稲田大学教授/オーク構造設計)
  斎藤公男 (日本大学)
  坂口紀代美 (日本美術家連盟会員/彫刻家)
特別審査員 松川昌平 (000studio)
(特別講演講師) 桝田洋子 (桃李舎)
E. 応募エントリー及び応募締め切り
 
応募エントリー: 応募エントリー;応募希望者は2011年7月22日(金)までに,【氏名(グループの場合は代表者と構成員の氏名)・所属・電話番号】を明記の上、コンテスト事務局E-mailアドレス

まで申し込んでください。エントリー番号を返信します。
提出期限   : 2011年8月31日(水)まで。郵送の場合は当日の消印有効。
作品の提出先: 〒108-8414
東京都港区芝5丁目26番20号
社団法人 日本建築学会
形態創生コンテスト2011事務局 榎本和正
F. 提出物
  提出する作品をA3判(横使い)2枚にレイアウトしてください。形態のCG化、着色などは自由です。模型写真の使用は可能ですが、模型自体は提出できません。作品には応募者名や応募者を特定できる記号などを記入することはできません。それぞれのA3用紙裏側にはエントリー番号と応募者名の明記をお願いいたします。
G. 審査方法・表彰
 
応募された作品をもとに入選者を若干名選出し2011年9月下旬に通知します。入選者は「コロキウム構造形態の解析と創生2011」公開審査にて作品のプレゼンテーションができます。同日、審査委員会により最優秀作品、優秀作品などを決定し、入選作品とともに表彰状を授与します。
これらの作品は「コロキウム構造形態の解析と創生2011」論文集に収録するほか、「建築雑誌」および日本建築学会シェル・空間構造運営委員会ホームページに掲載する予定です。
H. その他
 
1) 応募図面その他は返却しません。
2) 入選作品の著作権・特許権は応募者に帰属しますが、「建築雑誌」,本会ホームページへの掲載や日本建築学会編の出版物への無償での使用を条件とします。
3) コンテスト提出物中の写真・図版などコンテンツについては、入選作品が論文集およびホームページに掲載される関係で、著作権が応募者に帰属しないものについては応募者自身で許諾を受けたうえで著作者等を明記するものとします。掲載できない場合がありますので注意してください。
4) 構造形態の解析と創生小委員会のホームページで形態創生のフリーウエアーを公開しています。これらのプログラムを用いた提案も歓迎しますが、その場合はその旨を作品中に注として示してください。
5) 応募要領に関する質疑は2011年6月15日までコンテスト事務局E-mailにて受け付けます。回答をまとめて6月30日までに「コロキウム構造形態の解析と創生2011」のホームページに掲載する予定です。
6) 本要項に追加変更がある場合は、「コロキウム構造形態の解析と創生2011」のホームページに掲載しますのでご注意ください。
問い合わせ先(コンテストに関する質問など)
 
コンテスト事務局E-mailアドレス: