コロキウム構造形態の解析と創生

コロキウム構造形態の解析と創生

Colloquium Analysis and Generation of
Structural Shapes and Systems

HOME

特別講演

講演論文

形態創生
コンテスト

参加登録

過去の
コロキウム

LINK

更新履歴 -history-

21.10.12   講演論文:オンライン発表・参加要領等を掲載しました。
21.10.05   開催プログラム(暫定版)を公開しました。
21.10.05   参加登録を開始しました。
21.08.30   形態創生コンテスト(エントリー&作品提出)締切を再延長しました。
21.08.26   講演論文(発表登録)形態創生コンテスト(エントリー)締切を延長しました。
21.07.08   コロキウム2021の情報を掲載しました。
21.01.25   コロキウム2020の報告ページを公開しました。
19.09.22   新しいホームページを公開しました。


開 催 概 要
開催趣旨
 近年の建築の設計プロセスにおける3D-CADやBIMの利用は、意匠、構造、設備、施工の連携を強め、また、これまで不可能であった複雑な形態の構造物の建設も可能にしました。また、デジタル・ファブリケーションの技術が普及し、建築のデザインに大きな変化を与えつつあります。実現可能な建築表現の自由度が急速に増すなかで、建築物の形態をどのように決定すべきかという問題について、今後更に深く考えていく必要があります。

 本コロキウムは2006年度から毎年開催しており、今年で16回目を迎えます。これまでに、構造形態創生、構造最適化、アルゴリズミック・デザインといった建築構造物の形態を創り出すための理論・技術に関する研究や、実際のデザインへの応用事例などが数多く紹介され、活発な議論が展開されてきました。これらの理論・技術は一過性のものではなく、本質的なニーズの上に成り立った重要な建設技術であり、新しいコンセプトや最新のアルゴリズムなどを取り入れながら、議論を重ねて今後も発展させていく必要があります。

 本年度開催する「第16回 コロキウム構造形態の解析と創生2021」では、これまでと同様に形態創生の理論・技術に関わる研究者、技術者が一堂に会して最新の情報を交換すると同時に、理論・技術だけでなく、それらを具体的な建築物、プロジェクトなどに応用した事例紹介についても議論することで、これらの研究・技術分野が益々発展することを期待して開催されます。

<主催>
  構造委員会 シェル・空間構造運営委員会:構造形態創生小委員会
  構造委員会 応用力学運営委員会:構造最適化と協創小委員会

開催期日: 2021年10月28日(木), 29日(金)
開催場所: 1日目(10/28):建築会館ホール(対面とオンラインを併用したハイフレックス方式)
2日目(10/29):Web会議システムによるオンライン方式での開催
参 加 費: 一般(会員)5,000円、一般(会員外)6,000円、学生(会員)1,500円、学生(会員外)1,500円
開催プログラム: こちらより暫定版がダウンロードできます。
参加登録: 1日目の参加方式により申込URLが異なりますのでご注意ください。
・建築会館ホールで参加される場合:こちらより参加登録
・オンライン(Zoom)にて参加される場合:こちらより参加登録
資料集: 作成中:参加登録された方はここからダウンロードできるようにします。
お問い合わせ先: colloquium@aij.or.jp(コロキウム事務局)


コロキウム構造形態の解析と創生

コロキウム資料集残部について

過去のコロキウムの資料集が少し残っています。
購入希望者は、下記担当者までお問い合わせください。
日本建築学会 建築書店
〒108-8414 東京都港区芝5-26-20
TEL:03-3456-2018 FAX:03-3456-2058
E-mail:hanpu@aij.or.jp
購入方法:https://www.aij.or.jp/books/purchase.html
※電話でのご注文は承っておりません。