日本建築学会九州支部ホームページ利用内規

1998年3月20日策定    
2000年1月13日一部改正


  1. 目的
    日本建築学会九州支部の活動に関する広報と会員への情報提供を目的として、インターネットホームページを開設、運営する。名称は「日本建築学会九州支部ホームページ」(以下WWWと略す)とする。
  2. WWWの管理
    WWWサーバは文部省学術情報センターを利用する。URLは下記の通り。
    http://wwwsoc.nacsis.ac.jp/kbaij/
    サーバ上のデータ管理は支部学術幹事(Web担当幹事)が行う。
  3. WWWの利用
    WWWの利用は、原則として九州支部に所属する本学会正会員に限る。WWWへの掲載を希望する者は、下記のものを支部事務局に提出して幹事会の承認を得なければならない。
    1. WWW利用申込書 (所定の用紙)
    2. WWWに掲載するhtmlファイル(テキスト、画像、音声などのデータ)
      サーバに転送すればそのままブラウズ可能な1MBを超えないhtmlファイルを、フロッピーディスクまたはE-mailにて学術幹事(Web担当幹事)に提出する。
  4. 内容に関する審査
    WWWに掲載する内容は、
    1. 九州支部の組織など、九州支部の広報を目的としたもの
    2. 九州支部が主催、協賛、共催、後援する催物などの案内
    3. 九州支部研究委員会の活動
    4. 支所の活動
    5. その他
    とする。利用希望者が提出した内容は幹事会において審査する。
  5. 内容に関する権利
    WWWに掲載を希望する者は、掲載する内容が文部省学術情報センターとの覚書及び本内規の4.に適合するようにしなければならない。また、内容に関する権利の放棄を求めるものではないが、幹事会の審査において、若干の修正がなされる場合があることを了解しなければならない。
  6. コンテンツの作成と更新
    WWWに掲載する内容の作成と更新は、原則として下記の者が担当する。
    1. 4.の(1)支部学術幹事
    2. 4.の(2)催物の担当者(WWW利用希望者)
    3. 4.の(3)支部研究委員会の委員長及び幹事
    4. 4.の(4)支所長
    5. 4.の(5)WWW利用希望者
  7. WWWサーバへのデータ転送とデータの更新
    WWWへの掲載を承認されたhtmlファイルは、支部学術幹事(Web担当幹事)がWWWサーバへ転送し、閲覧可能なことを確認する。 掲載の承認されたデータのサーバへの転送及び期限が過ぎたと判断されるデータの消去は、できるだけ速やかに行う。
  8. WWWへのリンク
    本WWWへのリンクを希望する者は、下記の事項を記した「リンク許可依頼書」を日本建築学会九州支部までメールにて提出し、許可を得なければならない。
    1. 責任者及び連絡先
    2. リンク希望理由
    3. リンク先URL
    4. リンクページの内容
    許可・不許可は支部学術幹事(Web担当幹事)が決定し、幹事会において報告する。



WWW利用申込書
ご使用の環境に応じて、下記の何れかのファイルをダウンロードしてお使いください。

PDFファイルを閲覧するには Adobe Acrobat Reader が必要です。

Adobe Acrobat Reader は Acrobat Reader から無料でダウンロードできます。

WWW利用申込書の提出先
(社)日本建築学会九州支部 事務局

戻る