学術推進委員会
特別研究委員会 一覧
  委員会名 委員長 設置期間 母体委員会
1. 建築の生命を考える 鈴木 充 90.4〜91.3
1年間
建築歴史・意匠、構造、材料施工、環境工学、建築経済
2. 建築と地球環境 松尾 陽 90.4〜92.3
2年間
環境工学、材料施工
3. ウォーターフロント 渡部 丹 90.4〜93.3
3年間
構造、環境、都市計画、防火、建築計画、耐震連絡、海洋
4. 高齢社会環境整備 小川信子 91.4〜94.3
3年間
建築計画、農村計画、都市計画、環境工学
5. 制震構造 小堀鐸二 91.4〜94.3
3年間
構造、材料施工、環境工学
6. 伝統技能 神山幸弘 91.4〜94.3
3年間
材料施工、建築歴史・意匠、建築計画、建築教育
7. 建築系学科の将来像 鈴木成文 91.9〜93.3
2年間
建築教育、建築経済
8. 建築教育と資格制度 近江 栄  91.9〜94.3
3年間
建築教育、建築法制、建築計画
9. 都市・地域景観 石黒哲郎 92.4〜95.3
3年間
都市計画、建築計画、農村計画、環境工学
10. 地球環境建築 安岡正人 92.4〜95.3
3年間
環境工学
11. 建築CAD 山田 学 92.4〜95.3
3年間
情報システム技術
12. 空間高度利用コンセプト 佐久田昌昭 92.4〜95.3
3年間
海洋
13. 都市型住宅 渡辺定夫 93.4〜96.3
3年間
建築計画、環境工学、都市計画、建築経済
14. 廃棄物と建築計画 久保猛志 93.4〜96.3
3年間
環境工学
15. 歴史的建造物の保存に関する 藤井恵介 93.4〜96.3
3年間
建築歴史・意匠
16. プロジェクトマネージメント 江口 禎 94.4〜97.3
3年間
建築経済、情報システム技術、建築計画
17. 超々高層 伊藤 滋 94.4〜97.3
3年間
構造、建築法制、材料施工、防火、地震災害、建築計画、都市計画、環境工学、建築経済
18. アジア集住文化 重村 力 94.4〜97.3
3年間
農村計画、建築計画、都市計画
19. ライフサイクルマネジメント基本問題 白山和久 95.4〜98.3
3年間
材料施工、情報システム技術、建築経済、環境工学、建築計画、建築歴史・意匠
20. 超々高層 船越 徹 97.4〜00.3
3年間
建築計画、材料施工、構造、防火、情報システム技術、環境工学、建築法制、都市計画
21. 伊東忠太未発表資料 中川 武 97.4〜00.3
3年間
建築歴史・意匠、図書
22. 京都の都市景観 岡崎甚幸 98.4〜01.3
3年間
建築計画、都市計画、建築歴史・意匠、建築法制、情報システム、環境工学、構造、防火、材料施工
23. 第三世界歴史都市・住宅 佐々波秀彦 99.4〜02.3
3年間
都市計画、農村計画、建築歴史・意匠、建築経済
24. 木構造と木造文化の再構築 鈴木祥之 99.4〜02.3
3年間
構造、建築計画、建築経済、災害
25. 建築システム最適化 加藤直樹 00.4〜03.3
3年間
建築計画、構造、建築経済
26. ブリーフィング 友澤史紀 00.4〜03.3
3年間
材料施工、建築経済
27. 中国の住宅におけるエネルギー消費と居住環境問題 渡辺俊行 02.4〜05.3
3年間
環境工学
28. 21世紀の計画系建築教育 服部岑生 02.4〜05.3
3年間
建築計画、都市計画、建築歴史・意匠、農村計画、建築経済、建築教育
29. 既存ビルの連結による街並み再生 藤井俊二 02.4〜04.3
2年間
懸賞論文
30. 建築工事の請負契約の適正化 柳田克巳 02.4〜04.3
2年間
懸賞論文
31. 建築基準法・都市計画法の望ましいあり方に向けた提言 高見沢邦郎 03.4〜05.3
2年間
都市計画、建築法制
32. 地球環境時代における住環境教育 吉野 博 03.4〜05.3
2年間
環境工学、地球環境、建築計画、農村計画、建築教育
33. エレベーター利用避難に関する計画手法・技術指針の検討 矢代嘉郎 03.4〜05.3
2年間
防火、建築計画、環境工学
34. 日本における防犯環境設計の具体的手法の検討 樋村恭一 03.4〜05.3
2年間
一般公募
35. 教育界と産業界の人材需給構造と建築職能の将来像の検討等を通した建築教育機関の改革方向に関する研究 秋山恒夫 04.4〜06.3
2年間
建築教育委員会、材料施工委員会
36. ユビキタス・コンピューティング社会の建築・都市 坂村 健 04.4〜06.3
2年間
一般公募
37. 農村漁村集落における自然災害復旧支援計画に関する研究 伊藤庸一 05.4〜07.3
2年間
農村計画委員会、災害委員会
38. 木造廃校舎を含む学校施設の利活用 岡田知子 05.4〜07.3
2年間
農村計画委員会、建築計画委員会、構造委員会、文教施設委員会
39. 男女共同参画社会における建築専門分野の教育・研究・職業環境等に関する研究 中島明子 05.4〜07.3
2年間
建築計画委員会、建築経済委員会、建築教育委員会、建築歴史・意匠委員会、構造委員会、都市計画委員会
40. 本会の学術的・技術的知見の蓄積を初等中等教育支援に活用するシステムの研究 稲葉武司 05.4〜07.3
2年間
一般公募
41. 非構造部材(屋根、外壁、天井)の地震・風による被害の軽減化 石川廣三 06.4〜08.3
2年間
材料施工委員会、災害委員会、構造委員会
42. 近代の空間システム・日本の空間システムの研究 鳴海邦碩 06.4〜08.3
2年間
都市計画委員会、建築計画委員会、建築歴史・意匠委員会、農村計画委員会
43. 生物・化学要因による空気汚染の健康障害に関する建築学,医学,化学などの多領域からの予防,診断,治療,対策に関する研究 吉野 博 06.4〜08.3
2年間
一般公募
44. ユビキタス・コンピューティング社会の建築と都市を築く研究開発 坂村 健 06.4〜08.3
2年間
一般公募
45. 建築プロジェクトにおける発注者の役割と法制度上の位置づけに関する研究 古阪秀三 07.4〜09.3
2年間
建築経済委員会、建築計画委員会
46. 都市・建築空間における雪氷災害に関する研究 持田 灯 07.4〜09.3
2年間
一般公募
47. 教育界と産業界の人材需給構造と建築職能の将来像の検討等を通した建築界の人材育成と教育の改革方向に関する研究(第二次研究) 秋山恒夫 07.4〜09.3
2年間
一般公募
48. CO2削減による地球環境の保全に関連し、木質バイオマスを取り上げ、その有効利活用を建築分野の視点から検討する 浅野良晴 08.4〜10.3
2年間
一般公募
49. 建築・都市分野で情報通信技術による管理システムのインフラを構築するためのビジョンを分野横断で作成する 坂村 健 08.4〜10.3
2年間
一般公募
50. 長寿命建築構造の評価と提案 田村和夫 08.4〜10.3
2年間
地球環境委員会、構造委員会、建築法制委員会、材料施工委員会
51. サスティナブル・エリアデザインとコミュニティ・アーキテクトの形成・育成に関する研究 宇杉和夫 09.4〜11.3
2年間
都市計画委員会、建築計画委員会、農村計画委員会
52. 深刻化する地球環境問題への対策・適応のための建築・都市環境将来モデル 佐土原聡 09.4〜11.3
2年間
環境工学委員会、地球環境委員会
53. 容積制限における防火避難施設・設備等の位置づけに関する検討 田中哮義 09.4〜11.3
2年間
防火委員会、建築法制委員会、建築計画委員会、都市計画委員会
54. 木質バイオマスの有効利活用に関し材料・環境・建築の視点からの研究 浅野良晴 10.4〜12.3
2年間
環境工学委員会、構造委員会、地球環境委員会
55. 持続可能な都市住宅地を実現する建築社会システムのあり方に関する研究 森本信明 10.4〜12.3
2年間
建築社会システム委員会、建築法制委員会
56. 情報を連携利用する近未来の建築・都市を実現するための情報基盤と社会システムのあり方に関する研究 坂村 健 10.4〜12.3
2年間
一般公募
57 カーボン・ニュートラル建材 桝田佳寛 11.4〜13.3
2年間
材料施工委員会、環境工学委員会、地球環境委員会
58 災害対応型建築社会システム 安藤正雄 12.4〜14.3
2年間
建築社会システム委員会、建築計画委員会、建築法制委員会
59 ユビキタス情報基盤構築による震災復興・スマートシティ 坂村 健 12.4〜14.3
2年間
一般公募
60 伝統的木造住宅の温熱環境と省エネルギー 小玉祐一郎 13.4〜15.3
2年間
一般公募
61 劣化と損傷を考慮した耐震設計と耐久設計の融合 岸本一藏 14.4〜16.3
2年間
構造委員会、材料施工委員会、災害委員会
62 歴史的大規模木造宿泊施設の安全性能確保 新宮清志 15.4〜17.3
2年間
一般公募
63 産学連携・イノベーション 金多 隆 16.4〜18.3
2年間
一般公募
64 建築環境における呼吸器系病原体モニタリング法の確立 加藤信介 16.4〜18.3
2年間
一般公募
65 人為的要因による震災の防止に向けた技術・社会 富樫 豊 17.4〜19.3
2年間
一般公募
66 縮小社会における都市・建築の在り方検討 田村誠邦 18.4〜20.3
2年間
建築社会システム委員会、建築計画委員会、都市計画委員会

日本建築学会常置研究委員会組織学術推進委員会