荷重運営委員会:これまでの業績
  • 2015年「建築物荷重指針・同解説(2015)」を出版しました。
  • 2016年「建築物荷重指針を活かす設計資料1」を出版しました。
  • 2017年「建築物荷重指針を活かす設計資料2−建築物の風応答・風荷重評価とCFDの適用ガイド」を出版します。
建築物荷重指針・同解説(2015)の7章地震荷重、建築物荷重指針を活かす設計資料1の5章地震荷重の応答スペクトル(会員のみ)
建築物荷重指針・同解説(2015)の7章地震荷重のスペクトル変換プログラム(パワースペクトルと応答スペクトルの相互変換)
建築物荷重指針・同解説(2004、旧版)の7章地震荷重の地震ハザードデータ(任意地点の工学的基盤位置での地震ハザード曲線)
気温、日射の日変動を考慮した構造体温度算定ツール(1次元算定法(壁、床など)2次元算定法(柱、梁など)※使用法はエクセルの最初のタブを参照ください)
風荷重算定ソフト AIJ-Wind2015

日本建築学会常置研究委員会組織構造委員会荷重運営委員会