荷重運営委員会

★ 「2017年度日本建築学会大会荷重・信頼性部門若手優秀発表賞」は下記の4名の方々が受賞されました。(2017/09/08)

  • 水谷由香里:全国の250m メッシュごとにおける木造住宅の地震リスク評価に関する研究
  • 畠山智貴:大庇基部に作用する風力の特性に及ぼす矩形建物規模の影響
  • 団栗直希:免震部材の疲労損傷に対する設計手法の提案 信頼性設計からのアプローチ
  • 今野大輔:強風災害時の建物破壊過程を考慮したリスク評価手法の開発 その2 瞬間的な開口開放時の内圧上昇に及ぼす開口面積と風速の影響

 これまでの受賞者一覧

本委員会の目的や活動方針について紹介しています。
2017年度委員名簿です。
準備中。
準備中。
公開データなどを掲載しています。
主査 高橋 徹(takahashi.toru @ faculty.chiba-u.jp)

荷重指針1章2章英文化作業WG, 信頼性工学動向調査WG
建築物の雪害リスクマネジメントWG
CFD耐風設計法WG外装材耐風性能WG耐風設計体系検討WG
 

日本建築学会常置研究委員会組織構造委員会>荷重運営委員会