拡大委員会「新型コロナウイルス感染対策への取り組み」のご案内

共催:日本建築学会環境工学本委員会空気環境運営委員会  

空気調和衛生工学会新型コロナウイルス対策特別委員会

2020年6月11日掲載, 6月26,30日,7月3日修正

※建築学会会員用の申込は定員に達したため、受付を終了しました。

※空気調和衛生工学会会員用の申込は残席に達するまで、受付を継続します。


1 主旨

2019年末から世界的パンデミックになっている新型コロナウイルスは感染力が非常に強い上、未だに不明な部分が多い。WHOや政府の専門者会議においては、空気感染の証拠はまだないとされているが、一方で、専門家会議では3密(密閉、密集、密接)を避ける1つの方法として換気に言及しており、建築学会及び空気調和・衛生工学会の会長は換気に関する緊急談話を発表している。

上記の事態を受け、建築学会環境工学本委員会では空気環境運営委員会に2つのWG(感染伝播と空気質、換気・通風による感染対策)を、空気調和衛生工学会では新型コロナウイルス対策特別委員会設置し、感染に関するエビデンス及び情報収集、研究推進、国内外の情報交流、社会発信をすることとした。

今回の拡大委員会では、建築とコロナウイルス対策との関連性、両委員会の活動計画について報告し、今後両学会として取り組むべき事項について議論を行う。

なお、空気環境運営委員会(建築学会)では例年、空気シンポジウムを主催しているが、本委員会は一連の空気シンポジウムのシリーズとして開催するものである。

2 開催日時

20207月29日(水) 14:0017:10

3 会場

オンライン

 ・Zoomを予定

 ・YouTubeライブ配信の併用を予定

4 参加対象

建築学会若しくは空気調和衛生工学会 会員限定

研究者、大学院生、設計者、技術者、行政関係者等の幅広い方々の参加をお待ちしております

5 参加費

無料

6 定員

建築学会:100名、空気調和衛生工学会:40名

7 申込方法

①氏名,②所属先・役職,③メールアドレス,④電話番号,⑤会員種別, ⑥会員番号

を申込フォームに入力ください。

建築学会会員用申込フォーム(※申込数が定員に達したため、受付を終了しました。)

空気調和衛生工学会会員用申込フォーム

※申し込みはどちらか一方のみでお願いします。 

締切:7月15日(水) 

当日の接続に関する情報(Zoom ID等)は、開催前日までに申込時のメールアドレス宛に配信します

メールアドレスの記入ミスにご注意ください

 

8 プログラム

以下、敬称略

開催挨拶・主旨説明:大岡龍三(空気環境運営委員会主査・東京大学)


講演会:

「新型コロナウイルス感染症制御における「換気」に関して(仮)」 田辺新一(早稲田大学)

「換気・通風による感染対策WGの取り組み(仮)」 長谷川麻子(熊本大学)

「感染伝播と空気質WGの取り組み(仮)」 金勲(国立医療科学院)


パネルディスカッション:

「新型コロナウイルス感染症に対して環境工学は何をなすべきか」

パネラー: 講演者、倉渕隆(東京理科大学)、林基哉(北海道大学)、

      柳宇(工学院大学)、山中俊夫(大阪大学)、吉野博(東北大学名誉教授)


まとめ:持田灯(東北大学)


9 その他

(1) 講演内容および講演者は変更となる場合があります

(2) 本シンポジウムに関するお問い合わせは、空気環境運営委員会へお願いします

   日本建築学会環境工学本委員会空気環境運営委員会 幹事(樋山・山本)

   E-mail:airsympo29(at)gmail.com