コロキウム構造形態の解析と創生2015 - colloquium 2015 -
開催趣旨
近年の建築の設計プロセスにおける3D-CADやBIMの利用は、意匠、構造、設備、施工の連携を強め、また、これまで不可能であった複雑な形態の構造物の建設も可能にしました。また、デジタル・ファブリケーションの技術が普及し、建築のデザインに大きな変化を与えつつあります。実現可能な建築表現の自由度が急速に増すなかで、建築物の形態をどのように決定すべきかという問題について、今後更に深く考えていく必要があります。
本コロキウムは2006年度から毎年開催しており、今年で10回目を迎えます。これまでに、構造形態創生、構造最適化、アルゴリズミック・デザインといった建築構造物の形態を創り出すための理論・技術に関する研究や、実際のデザインへの応用事例などが数多く紹介され、活発な議論が展開されてきました。これらの理論・技術は一過性のものではなく、本質的なニーズの上に成り立った重要な建設技術であり、新しいコンセプトや最新のアルゴリズムなどを取り入れながら、議論を重ねて今後も発展させていく必要があります。
本年度開催する「コロキウム構造形態の解析と創生2015」は、これまでと同様に形態創生の理論・技術に関わる研究者、技術者が一堂に会して最新の情報を交換すると同時に、10回目の節目として過去に開催されたコロキウムも振り返りながら将来の方向性について議論し、これらの研究・技術分野が益々発展することを期待して開催されます。
<主催>
  構造委員会 シェル・空間構造運営委員会: 構造形態創生小委員会
  構造委員会 応用力学運営委員会: 構造設計・解析の最適化理論応用小委員会
  情報システム技術委員会: アルゴリズミック・デザイン小委員会

開催期日 2015年10月29日(木), 30日(金)
開催場所 建築会館ホール(東京都港区芝5-26-20)
参 加 費 会員8000円,会員外10000円,学生3000円,資料のみ3000円

講演論文の募集要項と形態創生コンテストの募集要領は下記のページをご参照下さい。
講演論文の募集要項(PDF) & 優秀講演表彰規定(PDF)
講演論文の募集要項
形態創生コンテスト2015の応募要領

■ 優秀講演決定 (おめでとうございます!)

以下の3名の方が、「コロキウム構造形態の解析と創生2015」の優秀講演者に選ばれました。

藤下和浩君(東京工業大学)
「Hybrid GAおよび弾塑性応答解析を用いた制振改修における最適ダンパー設計」

西田哲朗君(鹿児島大学)
「Kirchhoff要素とMindlin要素の違いによる自由曲面シェル構造の形状最適化」

打樋勇人君(東海大学)
「曲げ歪エネルギーを用いた自由曲面シェルの形状評価に関する研究」

発表者には表彰状が送られます。


コロキウムプログラム

※ ポスター(論文・コンテスト募集)  ポスター(参加者用)

※ チラシ
 
全体に関する問い合わせ先
コロキウム事務局E-mail アドレス colloquium@aij.or.jp

過去のコロキウム

 コロキウム構造形態の解析と創生2006

コロキウム資料集残部

過去のコロキウムの資料集が少し残っています。
購入希望者は、下記担当者までお問い合わせください。
日本建築学会 建築書店
〒108-8414 東京都港区芝5-26-20
TEL:03-3456-2018 FAX:03-3456-2058
E-mail:hanpu@aij.or.jp
購入方法:http://www.aij.or.jp/jpn/books/kounyu.htm
※電話でのご注文は承っておりません。