環境心理生理運営委員会
NEWS用画像 2016/01/28更新

■2016年度 建築学会大会 学術講演会オーガナイズド・セッション募集

◎ テーマ「生理量・生体計測を活用した環境評価」

心理申告に頼らず、あるいは、それと併用することで新たな環境評価を獲得しようとする生理量や生体計測を利用した試みを広く募集します。 是非、ご投稿下さい! 2016/02/29 17:00 投稿締め切り!

【応募要領】


■2015年度より、西名大作先生(広島大学)が主査に就任されました。


■新刊書紹介
「建築環境心理生理用語集[和英・英和]」好評発売中
日本建築学会編「建築環境心理生理用語集[和英・英和]」彰国社が刊行されました。ぜひ一度ご覧ください。

「住まいと街をつくるための調査のデザイン」好評発売中
環境心理生理運営委員会で企画した,日本建築学会編「住まいと街をつくるための調査のデザイン」オーム社が刊行されました。ぜひ一度ご覧ください。

本委員会の目的や活動方針について紹介しています。
運営委員会の委員名簿です。
運営委員会の議事録を公開していきます。
本委員会主催の研究会やシンポジウムのスケジュール等を掲載しています。
これまでの活動概要や、過去に出版された書籍などについて掲載しています。
辻村壮平

環境心理生理研究に関する委員会活動を統括しています
環境心理研究の振興を担う組織的取り組みを行っています
環境心理生理研究の成果の社会的貢献・適用を扱っています
感覚・知覚心理研究の新たな学問領域の開拓と振興を扱っています

日本建築学会常置研究委員会組織環境工学委員会>環境心理生理運営委員会